うみんぴあ大飯とは

コンセプト

海が元気をくれるまち

イメージ:海が元気をくれるまち海に集い、楽しみ、安らぐ。
そしていつのまにか、みんながやさしい笑顔になれる。
うみんぴあ大飯は、そんな「海が元気をくれるまち」を目指しています。

豊かな自然の中で

イメージ:豊かな自然の中で朝に夕に、また四季によって表情を変える空と海。
山や半島が織りなす美しい緑のグラデーション。
波の音、潮の匂い。
若狭の海と緑に囲まれた、風光明媚なこの地には心が深呼吸するような開放感にあふれています。

心が満たされ、元気になれる

イメージ:心が満たされ、元気になるマリンレジャーの拠点として、また、遊びや学び、癒しの空間として、老若男女が集う場所でありたい。そして、「人と自然」「人と人」が出会い、交流することで、観光で訪れた方・地元の方を問わず、心が満たされ元気になれる場でありたいと考えます。

成長するレジャー空間

アミューズメント、ホテル、グルメ、ショッピング、ヒーリングなど、さまざまな楽しみが集まる複合レジャー空間“うみんぴあ大飯”。
2007年に開業した「マリーナ」を皮切りに、2008年には「エルガイアおおい」と「こども家族館」、2009年には「ホテルうみんぴあ」と「観光船」が、続々とオープン。そして、2013年5月に「道の駅うみんぴあ大飯」が開業しました。今後はショッピング施設の設営など、さらなる展開を予定しています。成長する“うみんぴあ大飯”にどうぞご期待ください。

ページTOPへ