企業立地のご案内

ロケーション

おおい町とは

地図:おおい町周辺

人と文化の交流点

1955年、大飯郡佐分利村、本郷村、大島村及び加斗村の一部が合併し、大飯町が誕生。さらに2006年3月、大飯町と遠敷郡名田庄村が合併し、西は京都、東は滋賀に隣接する“おおい町”が誕生しました。

主要な交通機関は、JR小浜線、福井鉄道バス、近鉄バス、大和交通バス。
道路は、舞鶴若狭自動車道、国道27号、国道162号、福井県道小浜綾部線、福井県道坂本高浜線、福井県道赤礁崎公園線、福井県道染ヶ谷小倉線などが整備されています。
舞鶴若狭自動車道には大飯高浜インターが設置されており、関西方面とのアクセスも至便。2014年7月に敦賀まで全線開通しました。

1970年代から、原子力発電所誘致を契機に財政力指数が高まり、上下水道、ケーブルテレビ、ブロードバンドインターネットを整備。それぞれ世帯普及率100パーセントを実現しています。

面積 212平方キロメートル (東西22.6キロメートル 南北27.6キロメートル)
人口 8,522人(男:4,179人、女:4,343人)
世帯数 3,210世帯
人口密度 40.93人/平方キロメートル

(2015年8月1日現在)

自然と語らうオンリーワンのまちづくり

暖流の影響により沿岸部の降雪量が近隣地区に比べて少なく、温暖な気候のおおい町。天然の良漁場として知られ、四季を通じて多くの魚影を見ることができます。
また、作家・水上勉の文学館“若州一滴(じゃくしゅういってき)文庫”や、“赤礁崎(あかぐりさき)オートキャンプ場”、一夜に5万人以上の集客を誇るイベント“スーパー大火勢(おおがせ)”などでも注目を集めています。

平均気温 8月27.8度(2013年) / 12月5.2度(2013年)(小浜市データ)
降水量 2013年合計2,288ミリメートル、過去5年平均:2,284ミリメートル

イメージ:自然と語らうオンリーワンのまちづくり

周辺観光施設 年間集客数

赤礁崎オートキャンプ場(おおい町) 38,983人
若州一滴文庫(おおい町) 8,188人
きのこの森(おおい町) 54,993人
八ヶ峰家族旅行村(おおい町) 3,352人
道の駅 名田庄(おおい町) 143,596人
スーパー大火勢(おおい町) 70,000人
蘇洞門めぐり(小浜市) 241,000人
道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(舞鶴市) 789,751人(2012年)

(2013年のデータです)

ページTOPへ